『見える子ちゃん』—異形の存在が見える女子高生が半泣きのスルースキルで挑む異色のホラーコメディ

この世のものならざる者が急に見えるようになったとしたら——?

漫画『見える子ちゃん』は、異形のヤバいやつらが見えてしまう女子高生・四谷みこの日常を描くホラーコメディ漫画。

人ならざる者たちを「見えてない」ことにしてスルーしつつも、視界に入る姿はやっぱり怖い……。

至るところから恐怖が顔をのぞかせる日常に涙目になりながらも、ときには友人や家族のために異形に立ち向かうみこの健気さがかわいい作品です。

なお本作品は2021年秋にTVアニメシリーズ化済み。

また「全国書店員が選んだおすすめコミック2021」にて総合10位にランクインするなど、人気の作品です。

また『見える子ちゃん』はKADOKAWAの無料漫画サイト「Comic Walker」にて第1〜4話が公開中。

未読の方はぜひこちらもご覧ください!

タップできる目次

漫画『見える子ちゃん』の設定・あらすじ

女子高生・四谷みこは「この世のものならざる者」が見えてしまう能力の持ち主。

今日もみこに覗き込み話しかける「ヤバい奴ら」を見えないふりでスルーしつつ、友人のハナとともに平穏な(?)学校生活を送るのだった。

『見える子ちゃん』は作者の泉朝樹さん(@izumi000)がTwitterで公開した短編漫画からスタートした作品。

当初は1話完結でギャグをメインに構成されていましたが、話数を重ねるにつれて構成も変化し、現在では複数話で1つのエピソードを語るかたちに。

物語もシリアスなテイストが強めになっています。

ちなみに下記は泉朝樹さんのPixiv。

『見える子ちゃん』のイラストも多数掲載されています。

主人公・みこは「見えてはいけないものが見えてしまう」女子

『見える子ちゃん』の主人公・四谷みこは、この世のものならざる異形の者が見えてしまう女子高生

死霊や幽霊のようなグロテスクな存在が、みこにだけは見えてしまいます。

出てくる場所もところ構わずで、あるときは学校の廊下で話しかけてきたり、あるときはロッカーの中に潜んでいたり……。

24時間どんなところにも現れる死霊たちに全く心が休まりません。

グロテスクなインパクト!異形の者たちの見た目が恐怖

そして強烈なのが異形の者たちのビジュアル

主人公のみこのかわいらしさと対照的に、グロテスクさのインパクトはなかなかのもの。

これがめくりや見開きを使って極めて効果的に配置されるのも、漫画という表現媒体ならでは。

「あ、来るな」と分かっていつつも大ゴマでドンと描かれるとかなりのインパクトがあります。

耐性のない方はご注意を!

状況の打開はひたすら「見えてないふり」

そしてこのような状況下でみこの持つ唯一の解決策が、「見えてるけど見えてないふりをする」こと。

つまりこの漫画は「見える子ちゃん」が「見えないふり」をして無理やり乗り切ろうとする漫画、なのです。

ひたすら恐怖を我慢しつつ高度に訓練されたスルースキルでその場をやり過ごそうとするみこ。

しかし見えないふりをしているだけで、実際はもろに見えている怪異なわけで、怖いものは怖い……。

恐怖で涙目になりながらも忍耐力で乗り切ろうとするみこの、健気さとかわいさをぜひ楽しんでください。

みこを巡る謎はやがて大きなストーリーへ

恐怖に弱いみこですが、みこにとってみれば、友人や家族の霊的危機を察知できるのは自分だけ。

ストーリーが進むにつれ、街に潜む恐怖や怪異の悪しき影響を認識せざるをえなくなってきます。

友達や家族思いのみこが、身近な人間の危機に、恐怖から逃げることなく立ち向かおうとする姿は健気で、つい応援したくなるはず。

そしてそのような戦いの中で、みこはやがて自分と同じように、この世のものではないものが見える人たちと出会うことになります。

当初の1話完結のホラーコメディから脱却し、少しずつ大きなストーリーに近づいていくみこたちの物語。

恐怖描写は当然のこと、ギャグからハートフルなエピソード、そしてちょっとのお色気まで多彩な要素に彩られた『見える子ちゃん』の世界をぜひ楽しんでいただければと思います。

2022年1月現在、既刊は6巻まで。

KADOKAWAから絶賛発売中です。

◇ ◆ ◇

またオカルトをテーマにした漫画作品からおすすめをご紹介しています。

もちろん『見える子ちゃん』も含まれているこちらの記事をぜひチェックしてみていただければと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

タップできる目次
閉じる