U-NEXTをテレビで見るためのおすすめデバイスを紹介!Fire TV Stickのモデルの選び方も解説

このブログでは電子書籍の方面から-NEXTを紹介することが多いのですが、U-NEXTをフルに使い倒すなら、やはり動画は楽しみたいところ。

U-NEXTに登録したら、テレビに出力できる専用デバイスを揃えておくと楽しみ方がぐんと広がります。

そこで本記事では、U-NEXTをテレビで見るためのおすすめデバイスとして、AmazonのFire TV シリーズについて解説します。

Fire TV シリーズは価格、機能、手に入りやすさの三拍子が揃った、万人におすすめできるデバイス。

ただし「通常モデル、4K対応モデルのどちらを選ぶべきか」という点で迷いがちなので、その辺りの選び方も含めて、詳しく解説していきます。

\240,000本もの映画やドラマを楽しめる!/

無料期間中に解約すれば料金はかかりません

タップできる目次

U-NEXTのテレビ視聴は Fire TV Stick がおすすめ

Fire TV Stick

U-NEXTをテレビに出力するなら、一番のおすすめはAmazonのFire TV Stick シリーズ

安いうえに機能も過不足なく、Amazonで簡単に買えるのがその理由です。

Fire TV シリーズ
  • Fire TV Stick
  • Fire TV Stick 4K MAX
  • Fire TV Cube

Fire TV シリーズの対抗馬的な他社製品もありますが、やはり諸条件を見比べると Fire TV Stick に軍配が上がります。

動画配信サービス各社の対応状況からも、Fire TV シリーズを強くおすすめします。

Fire TV シリーズのおすすめモデルは?

Fire TV Stick 4K MAX

Fire TV シリーズでおすすめなのは、Fire TV Stick または Fire TV Stick 4K MAX。

それぞれ比較的価格も安く、機能に過不足がないため動画視聴にぴったりです。

Fire TV シリーズの特徴

モデル名特徴
Fire TV Stickノーマルモデル。フルHDまでに対応。安い。
Fire TV Stick 4K MAX4K対応モデル。そこそこ安い。
Fire TV Cube音声アシスタント・Echoの機能が充実。高い。

もう1つのモデルのFire TV Cubeは、Fire TV シリーズとAmazonのEchoシリーズが合体したかのようなデバイス。

動画を見るだけなら不要な機能が多く価格も高いので、あえて選ぶ理由がありません。

Fire TV Stick と Fire TV Stick 4K MAXの選び方

Fire TV Stickを選ぶ際に迷うのが、ノーマルモデルを選ぶべきか4K MAXを選ぶべきか。

これは単純に自宅のテレビが4K対応しているかどうかで購入モデルを選ぶとよいでしょう。

Fire TV Stick の選び方
  • 自宅のテレビが4K :Fire TV Stick 4K MAX
  • 自宅のテレビが非4K:Fire TV Stick

ただし次に紹介する条件も加味して考えると、より失敗のない買い物ができるかと思います。

テレビの買い替えまでの年数は平均で10年

テレビの買い替えまでの年数は平均で10年

内閣府の実施する消費動向調査(令和3年3月実施分)によると、2人以上の世帯におけるカラーテレビの平均使用年数は10年。

2011〜2012年にテレビを購入された家庭は、まさに今年(2022年)が買い替えの時期にあたるといえます。

また買い替え理由も1位が故障の61.9%と、不可避的に買い替えを余儀なくされています。

ちなみに2011年は地デジへの完全移行が完了した年。

今年が買い替えのタイミングになりそうなご家庭は多いかもしれません。

4Kテレビの平均単価はこの5年で4割以下に

4Kテレビの平均単価はこの5年で4割以下に

4Kテレビの価格は2014年以降、急激に下がり続けており、今では平均単価は10万円程度

次に買い替える際は4Kテレビという方も多いのではないかと思います。

そのような場合は、Fire TV Stick だけ先回りして4Kモデルを買っておくのもありでしょう。

Fire TV Stick は3年程度で挙動が重くなりがち

Fire TV Stick は3年程度で挙動が重くなりがち

一方のFire TV Stickにも、耐用年数的なものがあります。

Fire TV Stickは新モデルが出るまでのサイクルがおよそ3年程度ですが、これにあわせてインターフェースに変更などがあると、挙動が極端に重くなったりします。

Fire TV Stick 4K MAXの発売にあわせてホーム画面が刷新されましたが、これによって古いモデルではかなり動きがもっさり化しています。

気持ちよく使える製品寿命は3年程度と考えて、その範囲の中でテレビ性能にマッチしたモデルを購入するとよさそうです。

Fire TV シリーズ以外のテレビ出力できるデバイス

ちなみにU-NEXTをテレビに出力できる、他の代表的なデバイスは以下のとおり。

  • Chromecast
  • Apple TV
  • ゲーム機(PS5、PS4など)
  • 対応HD / Blu-rayレコーダー

U-NEXTの公式サイトを見ると、対応デバイスがたくさん記載されていますが、現実的なものに絞るとせいぜい上記の4つ。

しかしこれらもFire TV Stick以上におすすめできるものではない、というのが個人的な考えです。

それぞれ簡単に見ていきましょう。

Chromecast(クロームキャスト)

Googleが製作、販売するストリーミングデバイス「Chromecast」。

まるでFire TV シリーズに対する当て馬かのようなスペックですが、比較すると随所でFire TV Stick が優位

特にセールで極端に安くなる Fire TV と比べるとコストパフォーマンスがよくなく、国内ユーザー数の面でも劣るなど、おすすめできない部分が目立ちます。

Apple TV

Apple(アップル)
¥21,800 (2022/01/23 16:42時点 | Amazon調べ)

Appleのストリーミングデバイス「Apple TV」。

Appleの同名のサービスに対応した専用デバイスですが、価格が異様に高いのが難点。

普通に2万円以上するので、あえてU-NEXTのためだけに選ぶ端末でもないでしょう。

ゲーム機(PS5、PS4など)

ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥110,000 (2022/01/23 16:39時点 | Amazon調べ)

PS5やPS4などのゲーム機でもU-NEXTアプリが配信されている場合があります。

ただしあくまでゲーム機はゲーム機であって、動画を見るためだけに買うのだとしたらオーバースペックすぎ。

たまたま持っていれば使えるくらいの話で、起動に時間がかかるなど使いづらい面も目立ちます。

対応HD / Blu-rayレコーダー

市販のHD / Blu-rayレコーダーの中には、Android対応などでU-NEXTアプリを使えるものがあります。

もちろんこれらも主たる機能が別にあって、U-NEXT対応はおまけ的な別機能。

家にあるものがたまたま対応していれば使うくらいの話で、あえてU-NEXTのために買うようなものではありません。

U-NEXTをテレビ出力するならFire TV Stickがおすすめ

以上、U-NEXTをテレビで見るためのおすすめデバイスの紹介でした。

通常モデルか4Kモデルかで迷いが生じる部分はありますが、最悪どちらを選んだとしても動画が見られないということはありません。

セールのタイミングさえ逃さなければ、決定的な損は起こらないかと思いますので、ぜひこの機会に検討してみていただければと思います。

\240,000本もの映画やドラマを楽しめる!/

無料期間中に解約すれば料金はかかりません

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

タップできる目次
閉じる